すでに備わっている能力を”意志力”で選ぶだけ

2017/11/11

先日のプレゼンのワークショップで、

すごく面白いことが、最初の1時間の間に起きました。

 

ほんとうに簡単なワークなのですが・・・実際には深くて。

 

最初、プレゼン形式で1対大勢で話していたのと同じ内容を、
2人ペアで、それが相手に伝わるように話してもらいます。

 

もちろん、相手の目を見ながら届けます。
そして、1つ伝えるごとに、その徐々に距離を取っていくのです。

少しずつ、距離が生まれ、しっかり相手に「届けよう」としないと、
聞こえない声のボリュームに気づいて、
自ら届けるために適切な声を出すようになると・・・

 

もうそれだけで、明らかに声の通り方が変化し、
発しているエネルギーにも、違いが感じられました。

 

「届けよう」という意志が生まれ、
そして、全身でしっかりと伝えるようになりました。

 

「どんな体験でしたか?」と、教えてもらいました。

 

「途中までは普通に会話してたけど、
途中から距離が生まれるほど「届けよう」って思って話すように変わった。
おしゃべりがプレゼンテーションに変化した。」
と、教えてくれました。

 

そして、もう一つ聞いてみました。

 

「今まで、その「届けよう」という気持ちで話していましたか?」

 

そうすると、首を横に振る方たち。

そして、それに気づいて「はっ」とされていました。

 

相手に、大切に届けようと思って伝えていなかったら、
それは、きっと届きません。

 

今、この瞬間に集中して、しっかりと「受け取ってもらえる」ように
伝えていくだけで、伝わり方が『別物』になります。

 

ここまで、なんのスキルもお伝えしていません。
だけど伝え方の「違い」が、明らかになった体験でした。

 

何が素敵かといえば・・・

スキルを身につける必要などなく、そうやって「届ける」こと、
みなさん、すでにちゃんと「できる」ということです。

 

だけど、多くの人の前に立つと、
その代わりに、大きな声を出すことに対する抵抗や、
相手の反応を観ないで話してしまう。
原稿を読んだり、目線を落としてしまったり・・・。

そして、ジェスチャーをせずに、手をぎゅっと握って立ってしまう。

本当は、1対1で距離を取って届くように伝えようとしたときのように、
大きな声を出して、相手の反応を観ながら、必要な情報を届けて、
自由にジェスチャーもつけて、伝えることはできるのに、
ただそれを「やめている」だけ。

 

すでに備わっている能力なので、それを表現することを
自分が選ぶだけで、もっと届く声や身体の使い方へと、変えていけます。

 

そして、それを「止めている」ような・・・
もしかすると、役に立たない「考え」があるのかもしれません。

それが、アップデートしていけると、

もっと、相手のために届けていけるように、
意志を持って、伝えられるようになります。

 

プレゼンにも、Willpower(意志力)の筋トレ
『マインドフルネス』が価値がありますよ。

 

プレゼンテーションの学びに興味のある方はこちら

来年1月に開催予定です。

http://creative-life.space/pb

マインドフルネス瞑想と脳科学をお伝えします!

2017/11/9(木) 14:30〜16:30

-Stage Delight, ブログ, 自己表現

おすすめ記事一覧

1
新しくなった『無料プレゼント』のセルフコーチングツールは、使っていただけましたか?

ビジョン(私たちがありたい姿)と今の現実をつなぎ、 自分を信じて動き出せるように ...

2
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

3
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...