意識が現実を創る

2016/08/19

026ca39b68d3eac2989b0d3c6e574696_m

量子力学の学者 ボスワミ博士は、
量子的な見方の中では『意識が現実を創る』という言い方をします。

注意深くみていくと、
ほとんどの場合、新しい現実は創られていません。
ただ、過去のいろいろなバージョンが繰り返されているだけです。

それでは、どういう条件の下で、
全く新しい物を生み出す事が可能なのでしょうか?

何か新しい物を生み出さなければいけないという時には、
2つの条件が存在しなくてはなりません。

わたしたちが内省的なカタチで思考していくためには、
フィールドから一歩外に出る必要があります。

そして、 そこで自意識を持って考えるとき、
フィールドから自分が切り離されてしまいます。

この2つの要素を一緒にあわせることが出来たとき、
自分自身を超えた何か大きなものと繋がっていき、
求めているものをフィールドがサポートしてくれます。

より大きなアイデンティティの中に、
センターと繋がって、自分自身の中に留まる事が出来ているとき、
答えやリソースは、フィールドからやってきます。

新しい選択肢を持った「行動計画」の一部になっていき、
何か、新しいことをやらなければいけないことが出てきます。

問題をつくり出した同じ思考モデルから、
世界をそのまま見る訳ではなくて、
自分自身の今の状態を通して世界を見ることが重要です。

-コーチング, ブログ

おすすめ記事一覧

1
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

2
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...