ちょうど100にすること。

2016/08/15

07bea9a3807916e2ff08877ee8660946_s

四角大輔さんの言葉。

プロデュースのコツは、
ちょうど100にすること。

足しすぎる人たちが多く、いっぱい提供する。

そうやって「本来の自分」と”違う”感じにしようとする。
それでは、長く売れない...。

キャラクターを作りすぎても、
80%しか魅力が出せていなくても続かない。

ちょうど100を出すのは難しい。
プロデューサーがいるというのは、
『第3者の視点』があるということ。

ーーーーーーーーーーーー

「自分のことは自分ではわかりづらい」
ほんと、そう思うのです。

だからこそ『第3者の視点』って大切!

『本人すらも気づいていないような潜在的な能力や才能』
そういうことに『好奇心』を持って、未来にワクワクしながら、
お話を聞かせていただくことが好き♪

それは、その人の
ちょうど100を探す作業なのかな...と思うのです。

『メディア制作サポート』とその先の活動を
クリエイティビティーのコーチングでお手伝いしています。

-コーチング, ブログ

おすすめ記事一覧

1
「気づく」⇨「創造する」

クリアに自分の中心とつながりながら、 そこから最善の選択ができるようになることは ...

2
新しくなった『無料プレゼント』のセルフコーチングツールは、使っていただけましたか?

ビジョン(私たちがありたい姿)と今の現実をつなぎ、 自分を信じて動き出せるように ...

3
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

4
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...