1.ゴール設定

2019/01/26

これから『ヒーローズドライブマップ』の12ステップを説明していきます。

まず最初が「1.ゴール設定」です。

ゴールが決まらなければ、そこまでの道のりを考えることができません。

だからこそ、まず何よりも重要なのがゴールの設定になります。

例えば、あなたがタクシーに乗るとき、最初に目的地を伝えると思います。
そうしなければ、その目的地へたどり着くことはできません。

そして、あなたが想定できる未来は、複数あるかもしれません。
その未来の中で、最も創り出したい未来を思い描くこと。
そこに向かって、何が必要か、計画をしていくこと。

こうした考え方を「バックキャスティング」と言います。

一方で、現状の制約に縛られて、現状の延長線上で物事を考えてしまうのを

「フォアキャスティング」と言います。

このやり方の場合、どうしても視野が狭く選択肢が制限されてしまいます。

①が「フォアキャスティング」②が「バックキャスティング」
そして、現状をそのままにしておくと起きる、別のシナリオ、別の未来も存在しているため、どの未来をあなたが選ぶかで未来は変わります。

まず、今は「実現可能か?」などということを考えず(後で考えるプロセスがあります)

まずは自由な発想で、視野を広げて、
様々な可能性の中から、心から達成したい未来を想定することが重要です。

そして、この「達成しているゴール」をイメージで先取りします。

人が行動を起こす時には、心で決断をしています。
そして、その決断に影響しているのが、あなたの感情なのです。

だからこそ、先にあなたの心を満たしていくことが大切です。

あなたが達成したいゴールへの旅路は、
あなたが、どんな人になっていくプロセスなのでしょうか?

私たちが何かを決断をするとき、重要な価値観が満たされています。

それはまるで、旅のゴールを指し示すコンパスのように、
あなたが本当に望む未来を教えてくれています。

具体的にどうやるのか。

まずは、あなたが達成している未来を思い描いて、その瞬間を
五感を開いて、見えているもの、聞こえているもの、感じているもの。
その全てをしっかりと体験します。

その時に、一体カラダでは、どんな感覚があるのかに気づきます。

さらに、そうした感覚とつながった状態で、
あなたがこのゴールを達成した先には、一体周りの人にどんな影響があるのかを感じます。

そのゴールを達成することで、あなたが誰に貢献していくのか?
それは、一体なんのためなのか?

そして「私が最も創り出したいものは...」その先に続く言葉を
イメージと共に探ります。

さらに、体から生まれてくるエネルギーを全身で感じます。

まずは、そこが最初の一歩です。

あなたが見たい世界を共有していく

ゴールがしっかり決まるだけでも、現実は動き出します。

それまで、あなたがもしも望んでいない現実を体験していたとしたら、
本当は何を望み、どんな世界を見たいのか。
それが自分でも、わかっていなかったからかもしれません。

あなたが、心から実現したい未来とつながって、
それを「言葉」にしていった時に、そこにエネルギーが生まれます。

そして、そのエネルギーは他者に届いていきます。

そうやって、あなたが創り出したい世界観に共感した人が、
あなたが実現する道のりに興味を持って、集まってきます。

まだ言葉にしていない、あなたが見たい世界観を言葉にしていけば、
エネルギーがそこに流れていくのです。

グループセッションもあります。

こうしたゴール設定を自分一人で創り出すのが難しいと感じる方は、
それぞれの想いを持ち込んだ、エネルギーが高い場で、
ワークショップ形式で探求してみませんか?

きっと、このタイミングで集まる人たちと、
その場でしか生まれないものを見つけ出せると思います。

私は、そうした場を心を込めて、
ファシリテートさせていただきます。

ワークショップの詳細はこちら

あるいは、1対1のコーチングセッションで探し出すのおすすめです!

 

-コーチング, ヒーローズドライブマップ, ブログ

おすすめ記事一覧

1
真の自己を生きるNLP&YOGA(7日間コース)

クリアな状態で、自分の中心とつながりながら、 そこから最善の選択ができるようにな ...

2
新しくなった『無料プレゼント』のセルフコーチングツールは、使っていただけましたか?

ビジョン(私たちがありたい姿)と今の現実をつなぎ、 自分を信じて動き出せるように ...

3
1.ゴール設定

これから『ヒーローズドライブマップ』の12ステップを説明していきます。 まず最初 ...

4
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

5
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...