わかりやすい説明に必要なものは、共感

2018/04/26

人から紹介されたり、説明してもらったことが、
とてもわかりやすくて、すぐにそれを実践したい!と思った経験はありませんか?

そうした説明ができる人は、「共感力」のある人。
つまり、相手の立場に立って、その視点からコミュニケーションを図る能力がある人と言えます。

それは、例えて言えば・・・
自分にとっては慣れ親しんでいる
目的地に到達する道筋を、まるであたかも自分が初めて運転するかのように、
ハンドルを握り運転している人の助手席に座って説明をしてあげているようなものです。

説明も同じで、わかりやすい説明を生み出すには、自分の立場を離れる必要があります。
そして、それは相手の感情を理解できる「共感力」のスキルとも言えます。

この「相手の立場になって考える」というのは...簡単なようで、簡単ではないと思います。

かつての私は、大変苦労していました。
だけど、このメソッドに出会って、すごく説明が楽になりました。

スキルとして手に入れるメソッドがありますよ!

なぜ、「公式」通りに作るだけで、
あなたの話を聞いた人が行動を起こすようになるのか?

 

 

-Stage Delight, エンパシーライティング

おすすめ記事一覧

1
7月開催!真の自己を生きるNLP&YOGA(6日間コース)

クリアな状態で、自分の中心とつながりながら、 そこから最善の選択ができるようにな ...

2
新しくなった『無料プレゼント』のセルフコーチングツールは、使っていただけましたか?

ビジョン(私たちがありたい姿)と今の現実をつなぎ、 自分を信じて動き出せるように ...

3
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

4
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...