自由意志と判断力によって選択する

NLPでは、
選択肢を追加することが重要だと考えます。

本当に、よりよい選択肢を持てていたならば、
その人は自動的にそれを選ぶというのがNLPの考え方であり、

選択肢は少ないよりも多い方が良いと考えます。

1つの選択肢はまったく選択の余地がありません。
2つの選択肢では、ジレンマ。
3つ以上の選択肢を持って、はじめて本当に選択できるようになります。

また、チョイスポイントとは、行動の交差点(分かれ道)であり、
そこで、人はコミット(決意)をし、
その後では、向きを変えることが難しくなります。

5a164784772f1c646d22dd6b4c4a9b56_s

人生には、たくさんのチョイスポイントがあり、
それは大きな選択もあれば、小さな選択もあります。

そこで、選択をするときの「気づき」を高めることが、
人生のより多くの選択の可能性を開いて行くことになります。

-ヒーローズドライブマップ, ブログ

おすすめ記事一覧

1
「気づく」⇨「創造する」

クリアに自分の中心とつながりながら、 そこから最善の選択ができるようになることは ...

2
新しくなった『無料プレゼント』のセルフコーチングツールは、使っていただけましたか?

ビジョン(私たちがありたい姿)と今の現実をつなぎ、 自分を信じて動き出せるように ...

3
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

4
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...