特に大切なヨガの教典

ヨガの学習に特に関連のあるヨガの教典からの抜粋です。
自分で疑問をいだき、沈黙を保ち、マインドとハートを持って、こうした古来の智慧の紐を解き、こうした教典をさらに深く学習されることをおすすめします。

パタンジャリのヨーガスートラ

1-2  ヨーガとは心の作用を静めることである
1-13 実践は、こうした作用を沈めるために継続的に努力することである
2-46 ポーズは安定して快適なものである
2-47 それを行う努力が努力でなくなり、内なる無限の存在が達成されたとき、そのアーサナは完全に達成される

ハタヨガ・プラディピカ

1-64~66 若きも、老いたるも、高齢者も、病人も、虚弱者も、ヨガの支則の練習を怠らずに繰り返すことで修行者は成功を修める。ヨガを行う行者は成功を手にすることができようか?ただ教典の教えを学ぶだけではヨガの成功は達成されない。ヨギの衣装をまとうこと、ヨガの教えの物語を聞くことではなく、成功はヨガの実習にある。
成功の要因はヨガの浄化のための行動を繰り返し練習することである。これに関しては疑余地は微塵も無い。

バガヴァッド・ギーター

2-50 賢人は良いものであれ、悪いものであれ結果を手放す。そして、行動にのみ集中する。ヨガは行動の技術である。

3-11 崇拝によってあなたは神を養う。代わりに神はあなたを養う。お互いに養うことによって、あなたはすべての人々の幸福を確信する。

3-19 結果を心配することなしに、必要な行動をしなさい。すべての執着を手放して、人生の最善を達成しなさい。

8-3 自由は無死との合一である。自己はすべてのものの真髄である。行動と呼ばれるその創造的な力は、世界全体をそれとあらしめる。

-ヨガ

おすすめ記事一覧

1
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

2
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...