以前は、2週間はかかってたのに... たった1日で、出来るようになりました!

2017/11/22

エンパシーライティング認定コーチの野村光恵です。

 

「以前は、2週間はかかってたのに... たった1日で、出来るようになりました!」

 

これは、何かと言うと...

私のお仕事の1つでもある、講座などの紹介ページ(LP)作成にかかる時間です。

 

依頼を受けて、新しいワークショップなどの紹介ページを作ります。

かつての私は「文章を書く時間がかかりすぎる...」というのが悩みでした。

1年半前だったら2週間ぐらいかかってしまっていました。

ですから、依頼を受けると他のことが出来なくなってしまうので、

気軽に何か新しいことをスタートするなんてことは、とても難しいと思っていました。

 

 

今では、ぎゅーっと集中して作業すると、

1日あれば出来るようになっています。

 

 

2週間かかっていた頃は、モヤモヤ悩み続けていたり、

書いたものを見た人に「どう思われるか?」ということが気になり、

そこにネガティブな思いが浮かんできては・・・

書く手を止めたり、せっかく書いた内容を決してしまったり・・・

 

 

目指すべきゴールもいまいちよくわからないまま、
ムダな時間ばかり過ぎてしまってました。

 

それが、大幅に時間短縮ができるようになれたことは、

私にとって、ものすごく嬉しくて大きな変化だったのです!

 

そのおかげで、新しく何かをスタートしようという時に、

「鉄は熱いうちに打て」といいますが、熱意があるうちに行動でき、

ワクワクしたまま文章を作り上げて、そのワクワク感を届けられます。

 

なぜ、そうした違いが生まれたのか?

それは「エンパシーライティング」という文章術を学んだからです。

 

エンパシーライティングは読み手に「共感」した文章を作り出し、

論理と感情をバランスよく取り入れて、さらに自分らしさを表現した

文章が、誰でもカンタンに書けるようになるメソッドです。

 

このメソッドに出会えたことで、私の文章を書く時の悩みの多くが解消されて、

もっと、自分の書いた文章を読んでもらいたいと思うようになりました。

 

そして、私のように文章で悩む人が、書くことや自己表現に対して、

そのまま悩み続けるのは勿体無いと思い、ぜひこれを伝えていきたい!と、

エンパシーライティング認定コーチになりました。

 

 

 

書くことが早くなったことによって、お客様もとても喜んでくださいます。

満足してもらえるのは「期待」を上回るからです。

 

「まずはスピード重視」と言うリクエストをもらっていたので、

その「スピード」に対して、求められている以上のレベルで

応えることができるようになりました。

 

早く出来上がることの良いところは、

そのあとに「質」を磨いていけますよね。

 

実際、文章表現のように磨こうと思えば、どこまでも磨けるものは、

時間に「締め切り」を作らなければ、ずっと磨き続けます。

「完璧主義」のクライアント様がいらっしゃいますが、
締め切りがないと「よりもっと・・・」と、いつまでも終わらないことがあります。

だけど、大切なことは、まず「公開」できるレベルにしていけることです。

 

なぜなら、講座の紹介のようなものの場合に・・・

「答え」は、市場にあると言われているのです。

 

公開をしてから、反応をテストしながら「質」を

高めていくことができるからです。

(今回の趣旨と違うので、そうしたノウハウはまた今度)

 

つまり、相手にとって何が響くのか・・・

それは「独りよがり」ではわからないので、自分の中で悩み続けることよりも、

言ってみれば『コミニュケーション』を通して、

相手に響くことを教えてもらえた方がより良いものになりますね。

 

 

エンパシーライティング・ベーシック講座

2017/12/10(日) 10:00~14:00 @埼玉県川口​

講師:野村光恵(エンパシーライティング認定コーチ)

 

エンパシーライティング・ベーシック講座

-エンパシーライティング, ブログ

おすすめ記事一覧

1
「気づく」⇨「創造する」

クリアに自分の中心とつながりながら、 そこから最善の選択ができるようになることは ...

2
新しくなった『無料プレゼント』のセルフコーチングツールは、使っていただけましたか?

ビジョン(私たちがありたい姿)と今の現実をつなぎ、 自分を信じて動き出せるように ...

3
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

4
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...