プレスポイント

クリパルヨガでは、身体の特定の部位”プレスポイント”を押し出すことでアライメントを簡単なものにしています。
プレスポイントの指示は、日常的な言葉で簡潔です。
ポーズをホールドし、リリースする際に身体のアライメントを素早く整えるためです。
ポーズを保っている間も、そのポーズによってもたらされる動きをプレスポイントが支え続けます。

力を入れている筋肉は、そのまま働き続け、
力を抜いている筋肉は伸ばされた状態に委ねるようにします。

そのことで、強さと柔軟性を安全に高めることが出来ます。

クリパルヨガでは、詳細な解剖学をあれこれと頭に詰め込むよりも、
プレスポイントによって起こる感覚に意識を向ける方に重きをおいています。

なぜアライメントなのか?

写真と同じようにポーズをとったり、不快感を避けたり、あるいはもっと深くポーズに入ろうとして、どうしてもアライメントが二の次になる傾向があります。アライメントをおろそかにするとどうしても逆効果になります。

  • 硬い部分のストレッチを避けてしまう
  • すでに柔軟な部分を過剰にストレッチしてしまう
  • 弱い筋肉を鍛える代わりに、すでに強い筋肉に頼ってしまう
  • 構造的にアンバランスが増してしまう

アライメント原則は根拠のない形式て的ものではなく、身体の解剖学的構造に基づいたものです。
バランスの取れたポーズの繰り返しが、筋・骨格系の全体をしっかりとストレッチし、強化していきます。

 

(「クリパル ヨガ」著:リチャード・フォールズ より引用)

-ヨガ

おすすめ記事一覧

1
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

2
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...