エッジ

ヨガは一つのアーサナと呼ばれるポーズができれば、それで終わりというわけではありません。
アーサナに入ってから初めて内面へのヨガが始まるからです。
ほんとうにヨガが面白くなるのは、こうして体を介して自分の内面と出会えるからです。
クリパルヨガでは、アーサナをとってから、自分自身の可能性を最大に発揮できるところへ肉体を導いて行きます。
ゆるすぎず、キツすぎもしないギリギリの瀬戸際のところをエッジと呼びます。

-ヨガ

おすすめ記事一覧

1
「気づく」⇨「創造する」

クリアに自分の中心とつながりながら、 そこから最善の選択ができるようになることは ...

2
新しくなった『無料プレゼント』のセルフコーチングツールは、使っていただけましたか?

ビジョン(私たちがありたい姿)と今の現実をつなぎ、 自分を信じて動き出せるように ...

3
何度でも、変えたっていい。

進むと決めた道を 何度でも変えたっていいと思う。 それを自分が「選択」するのなら ...

4
自分はここにいるって、仲間に知ってもらうために発信がある。

日々、自分の言葉で表現して、それを発信できる時代。 それって、おもしろい時代だな ...